地デジのテレビアンテナ工事は近くの工事クイック大阪へ!

戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。BSや110度CSデジタル、スカパー等の各種アンテナ工事も!

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!

アンテナなんでも情報

アンテナなんでも情報です。アンテナ工事のクイックが、放送やアンテナの話題を中心に、さまざまな情報をお知らせいたします。

リッキーの豆健康知識!~四時限目~

Holaaaaaaaaa!!!!!!!!!!!!!!

最近ほぼ毎日カレーを食べている中肉中背のリッキーです!

お久ぶりの投稿で、10か月ぶりとなります。
前回、「卵」について途中までの内容でしたので、おさらいを踏まえて、進めさせていただきます。
どーぞよろしく・・・

前回までは「卵」の基礎情報、それを産む「鶏」の飼育環境についてでした。
「鶏」が”排卵誘発剤”を餌として摂取するため、「卵」に少なからずその成分が含まれ、それを摂取する人間に影響が出ている。
その結果、”子宮内膜症”等、健康への影響が・・・というデータが出ているというものでした。

今回お話いしたいのは、デメリットの二つ目にあげた”産卵システム”です。
まず、”養鶏場”とは、真っ暗な室内に、一日に数回強い光を与え、光に反応して「鶏」が卵を産むという。
なんとも機械的な事で生産性を高めている場所です。

この状態で毎日産卵し続けた「鶏」から生まれる「卵」は本来どのようになるかというと、
一つひとつの栄養価が低下したり、本来あるべき形では生まれなかったり、、さまざまな無理が出てきます。
そこを補うのが一つ目であげた”エサ”です。

ただし、生産性に優先順位を上げたが為に、大量飼育による悪臭問題。不衛生。
ましてや、栄養は補えても、やはり生き物、産卵に限界が来ると殺処分されてしまいます。
さらに言えば、
狭いゲージの中、鶏同士が傷つけ合わないように嘴を切断され、
産卵が難しくなった「鶏」は羽が生え替われば、新たに「卵」を産むため、休養期間が設けられます。どのような休養かというと、”絶食”させ栄養失調にさえたうえで、餌を与え始めるのです。そうすると産卵できいるようになります。
これを”強制換羽”と言います。
これでさらに産卵できるようになるのですが、数ヵ月後には殺処分される運命が待っています。

皆さんはどのように思うでしょうか。。。
別に「卵」を食べるな!「鶏」がかわいそう。。

そのようなものを言いたいのではなく、皆様がおいしく食べている「卵」は、
”命”であって、それによって、新たな”命”を産みだしていくのであれば、
”正しい情報”は知らなくては”命”に失礼ではないかな?ということです。

今日も明日もおいしいご飯に感謝できる人でいたいと僕は思います。

皆様の明日が、有意義で、感謝のできる素晴らしいものであることを祈って!

adios!!!!!!

次回は美容に特化して「肌」について話させてていただこうと思います。

一覧へ戻る

このページのTOPへ
棟梁グループのポータルサイトはこちら