地デジのテレビアンテナ工事は近くの工事クイック大阪へ!

戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。BSや110度CSデジタル、スカパー等の各種アンテナ工事も!

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!

地デジアンテナのタイプ

地上デジタル放送(地デジ)はUHFアンテナで受信します。
従いまして、VHFアンテナで受信している方は、必ずUHFアンテナの設置工事が必要となります。
ここではタイプ別で、実際にどのような地上デジタルアンテナ工事を行えばよいのかをご紹介します。

地上デジタルテレビ放送とアンテナの関係

関連リンク
地上デジタル放送を視聴するには

地上デジタルテレビ放送はUHFと呼ばれるアンテナで受信します。
今までは地上アナログ放送や「テレビ大阪」、「サンテレビ」を受信するために このアンテナを使用していました。
※一部例外もあります。

つまりこれらの放送を視聴できる環境であれば視聴できる可能性はあるのですが、実は条件があるのです。

その前にUHFアンテナには種類がある事をご説明します。

テレビ局にはそれぞれチャンネルが割り当てているのは皆様ご存知かと思います。
地上アナログテレビ放送だと毎日放送が4ch、関西テレビが8chが
割り当てられていますが、地上デジタルテレビ放送では以下の通りのチャンネル(物理チャンネル)が割り当てられています。

NHK(総合)→ 24ch(大阪府)
NHK(教育)→ 13ch
毎日放送  → 16ch
朝日放送  → 15ch
関西テレビ → 17ch
讀賣放送  → 14ch
テレビ大阪 → 18ch
サンテレビ → 26ch

※リモコンのボタンでは本来毎日放送は16chなのですが、利便性を考え4chに、関西テレビでは8chに設定するのが一般的です。

以上の通り地上デジタルテレビ放送を受信するには13ch~24ch(26ch)を受信する必要があります。
但しUHFアンテナには受信できるチャンネル(帯域)があり中には
30ch~62chしか受信できないアンテナもあるのです。
※素人目には判別できません。

ということは、現在そのアンテナが設置されている住居の場合はそのままでは地上デジタルテレビ放送は視聴できないということになります。

※UHFアンテナには受信できる低い帯域(チャンネル)を受信できる
ローバンド、高い帯域(チャンネル)を受信するハイバンド等があります。

そんな時、アンテナ工事が必要になります。

新築で何もアンテナがついていない状況での基本設置

設置後→地上デジタル放送と地上アナログ放送(1ch~12ch)を受信

新築で最も多い工事です。この場合はVHFアンテナとUHFアンテナを設置します。

新築で何もアンテナがついていない状況での基本設置

設置後→地上デジタル放送(13ch~24ch)を受信
※一部アナログ放送も受信。上記参照

今後このタイプが多くなることが予想される工事です。UHFアンテナのみを設置します。※地上デジタルチューナーが必須となりますので注意が必要です。

既存でVHFアンテナが設置されている

設置前→地上アナログ放送を受信
設置後→地上デジタル放送と地上アナログ放送を受信

追加設置の場合で最も多い工事です。この場合は既に設置されているVHFアンテナにUHFアンテナを追加設置します。

既存で中継局UHFアンテナが設置されている

設置前→地上アナログ放送を受信
設置後→地上デジタル放送と地上アナログ放送を受信、 もしくは地上デジタル放送のみを受信

既に設置されている中継局UHFアンテナにUHFアンテナを追加設置します。

既存でVHFと県域局UHFアンテナが設置されている

設置前→地上アナログ放送を受信
設置後→地上デジタル放送と地上アナログ放送を受信、
もしくは地上デジタル放送のみを受信

既に設置されているアン テナにUHFアンテナを追加設置します。※県域局の放送が視聴できなくなります。

障害用ケーブルテレビで視聴している

設置前→障害用ケーブルテレビで地上波アナログ放送を受信
設置後→地上デジタル放送と障害用ケーブルテレビの地上アナログ放送を受信

UHFアンテナを設置し、障害用ケーブテレビ配線と混合する工事です。※ケーブルテレビによっては混合できない場合があります。

棟梁グループのポータルサイトはこちら